夫婦円満の源マカ

夫婦円満の源マカ

歳をとっても男女とも素晴らしい性生活を、そして充実した人生を送るために。日本人の平均寿命が大幅に伸びて、「高齢化社会」になると、夫婦は中高年になり倦怠期を迎えた後も、さらに老後と何十年と2人で一緒に暮らしていかなければならない時代になるわけです。

 

また、高齢化社会に突入しつつあるこれからの日本では、医療や健康、福祉などの問題は生活の質の観点からもとらえなおす必要があるのではないでしょうか?

 

こういった面からも健康で生きがいのある、明るく活動的な生活を保持していく上では、充実した夫婦生活、セックスを含めた心の触れ合いが大切になっていきます。

 

若いときには愛しあった夫婦も、中高年になると社会的な責任も大きくなっていき、競争社会の中で男性は仕事に追われストレスもたまり、年齢とともに夫婦仲は冷めていきます。

 

妻は子育てと家事に忙しく、夫婦はすれ違っていき、夫婦は本格的な倦怠期を迎えます。さらに年を取り、老年期を迎えても性交渉がある本当に仲睦まじい夫婦は日本には少ないのではないでしょうか?

 

お互いが歳をとっても、いつまでも相手のことを大切に思い、いたわりあって人生を歩いていく。

 

微笑みあい信頼しあい、いろいろなことを毎日話し合ってわかりあっていく。そのためにセックスが重要な働きをします。

 

セックスは2人の相互理解、愛情表現の重要なもので、充実した性生活は生活に潤い、ハリ、生きがい、微笑み、健康など実に様々なものをもたらしてくれます。

 

何十年にわたる夫婦生活の円満はセックスであるともいえます。

 

「死ぬまで性欲はなくならない」とよく言われますが、これからの高齢社会の日本では、今までのような仕事中心でセックスを軽視した生き方はするべきではないでしょう。

 

マカ

男女とも生きがいを持ち日々明るく過ごし、2人が充実した人生を送るために、セックスはますます重要になります。

 

そこで、男女ともに性機能を驚異的にアップさせるマカが役に立つのです。男性も女性もマカでいつまでも健康で若々しい人生を送ってもらいたいものです。

 

お役立ちサイト

 

マカサプリをズバッと解説【男女別に効果・効能】

 

カテエネ登録で電気代が節約に【キャンペーン情報でお得】

 

飲むほどに効くマカ

 

飲むほどに効くマカ

マカの服用を考えている方は、女性の場合では不妊症でお悩みの方が多いのではないでしょうか?不妊症の原因は多くの場合がホルモンバランスの乱れであることが多いですが、生殖器の異常で不妊症になっている方は、外科手術などの治療で比較的簡単に治ることがあります。

 

卵管のつまりなどが原因で不妊症になっているのなら、その部分を手術することで妊娠することができるようになります。

 

しかし、ホルモン異常などが原因で不妊症になっておられる方は、医学に関する原因がまだ解明されていないので治療が難しいのも事実です。排卵誘発剤を使いながら、妊娠することをひたすら待つしか方法が無いのが現状です。

 

さらに検査の結果などが出るのに時間がかかることが通常なために、不妊治療の期間が数年に及んでしまうこともあるのです。そのために長期にわたる医薬品の投与は体に何らかの悪影響が出ることが想定されるので、天然のマカが見直されているのです。

 

マカはいくら飲んでも副作用の心配がなく、体全体を健康にしながら妊娠しやすい体質を作ってくれる生薬なので長い間飲み続けても安心です。皿に医薬品とは違い長い間飲んでいる人ほど、体の隅々まで効果がいきわたりますので、ホルモンバランスが良くなり、それだけで飲む前よりも妊娠しやすい体になるのです。

 

永源の不妊治療でも妊娠することができなかった方が、マカを飲むことで数か月で妊娠することができたというケースも報告されています。

 

マカの薬効について

 

マカの薬効

 

マカはインカ帝国時代には栄養食として重宝していました。ペルーはかつて、インカ帝国と言う先住民インディオのつくった大帝国がありました。

 

現在のマカの栽培地はインカ帝国の領土内にあったので、帝国の支配者たちは、マカの薬効については熟知しており、家畜とマカが物々交換されていました。牛一頭と少量のマカが好感されるほど、その時からマカはとても効果で貴重なものとして扱われていました。

 

現在では、高原に住まいを構えることは、厳しい気候や交通の便などを考えると選択されることは少ないですがが、この時代の人々は太陽神を進行しており、少しでも神様に近づいて生活をしたいという考えから高原に居住を構えることが進められていました。

 

そのために海抜3000メートル以上の土地に多くの人々が住んでいたのです。しかし、空気が薄くて機構も厳しい高地では、人々は普通に生活するだけでも体力を激しく消耗してしまいます。それを補うのに、滋養強壮の効果のある食べ物が必要でした。

 

インカ帝国の人々は昔からマカに注目しており、主に位の高い人々の貴重な滋養強壮の食材をして扱われていました。時には、戦争の際の兵士にもマカを与えて、体力を付けさせることもしていました。

 

その頃は、南米の先住民の国はいくつもあり、お互いに精力を争っていました。そんな中でもインカ帝国は強大な国を気付きあげました。

 

やがて16世紀にピサロ率いるスペイン軍に滅ぼされてしまいますが、インカ帝国の歴史は戦争が多く、強い兵士を必要としていたので、勝利に貢献した兵士の褒美としてもマカが使われていたと言われています。

 

また、戦争中にはマカを兵士に与えないようにしていたそうです。戦争では略奪や強姦がつきものです。マカを与えてしまうことによって、兵士たちがそのような行動を起こすことを助長すると考えられたからです。戦争で勝利しても略奪や強姦が行われてしまうと、信頼を得ることが難しくなるからです。それほどマカには性機能を向上させる働きがあるということです。